トップページ > 静岡県

    このページでは静岡県で平ボディの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「平ボディの買取相場を調べて高く買い取りをしてくれる静岡県の業者に売りたい!」と思っているなら以下で紹介しているオススメの車買取業者を利用してみてください。

    トラックの平ボディを高価買取してもらうために大事なことは「静岡県にある複数の車買取店で査定をしてもらう」ということ。1つの買取店のみとか家の近くにあるディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら明らかに損をするので注意してください。

    車買取の一括査定なら2分位で入力できるので簡単です。静岡県にある複数の車買取会社からの査定額を比較できるので、平ボディ(アルミブロック)の買取金額の相場を調べる手間が省けます。
    トラック買取.com

     トラック買取.comは、平ボディの買取相場はもちろん、トラックや重機の買取相場も調べられる商業車両の無料査定サイト。
    他社で買取査定をしてもらった見積書を持っている場合でも、その査定額よりも高額で平ボディの買取が可能です。

    しかも、無料の買取査定サイトによくある「何度もかかってくる営業電話」がありません。「お客様が嫌がる営業電話はしません。」と宣言している買取業者なので、安心して平ボディの買取査定の依頼ができます。

    もちろん、静岡県の出張買取に対応していて利用は無料。へき地や山間部、離島であっても無料です。

    即日現金買取に対応していて、買取金額も台数も無制限です。
    「古い平ボディが何台もあるんだけど…」という場合でも、無制限で買取してもらえますし、まとめて即日現金で支払ってもらえます。






    トラック一括査定王

     トラック一括査定王は、1分だけ使って必要項目を入力すると平ボディの買取相場が調べられる車一括査定サービス。
    評価の高い買取業者と提携しており、静岡県に対応している5つの業者が平ボディの査定額を提示します。

    1社だけでなく複数の業者に査定額を出してもらうことで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、静岡県に対応している複数業者に査定依頼をして長年利用してきた平ボディを1円でも高く売却しましょう。

    「平ボディを高く買い取ってくれる業者が見つかったけど、他の業者に断りにくい…」という場合でも、他社へのお断り代行をしてくれますので安心感があっておすすめできます。






    トラック王国

     トラック王国は、数多くのトラックや平ボディなどの買取取実績を持つ大手の中古トラック買取業者。
    中古トラックや平ボディなどの試乗や現車確認ができる展示場が全国5ヵ所にあり、商用車の販売・買取のサービスを展開しているため、他社にはない販売ノウハウがあります。

    ですので、静岡県に対応している他の買取業者よりも平ボディを高く買い取ってもらえることがあります。
    テレビCMやラジオで宣伝しているため知名度も高く、静岡県への出張査定も無料です。

    古い平ボディや多走行車、過走行車、不動車でも独自の販路があるので、高額買取が実現します。
    レッカー移動も無料なので車検切れになった平ボディでも査定ができますし、「不要になった平ボディをまとめて売りたい」という場合でも査定依頼が可能です。






    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の無料の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーといわれるくらい有名なので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社へ平ボディの査定の依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むと複数の買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、静岡県対応で利用は無料。

    「平ボディを少しでも高く売りたいから買取相場がいくらか知りたいけど、営業電話は受けたくない…」と思っているならメールで査定額が分かるカーセンサーが一番おすすめ。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「サクッと数年落ち平ボディの買取相場が知りたい」と思っているならおすすめします。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、日本自動車流通研究所の審査を通った優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、静岡県に対応しているいくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちの平ボディでも高額買取が実現します。

    約10社の業者が平ボディの買取査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた買取店にあなたが大切にしてきた平ボディを売却しましょう。






    車買取コラム

    中古車買い取り店は多数ありますが、ほとんどの場合、車を査定するために要する時間というのはただ待っているだけの時間を除くと約10分少々で済みます。

    10分少々で済むのは、車種ごとに査定時点での中古車オークション相場などを参考にして基礎となっている中古車の査定額が定められていて、その金額から走行距離および各パーツの状態を確認した後に、車の状態に応じた査定額のアップダウンをすれば簡単に最終査定金額を出すことが出来てしまうからです。

    査定の専門家にはいい加減な嘘をついても瞬時に分かるので止めた方が良いでしょう。

    本当のところは事故車や修理歴のある車であるのに、低い査定金額を付けられるのを嫌がってでまかせを言っても確認すれば判明します。

    さらに、口からでまかせを言ったことが災いしてお店側の人間に信頼されなくなっても当然なのです。

    嘘をついていたことがバレて、一般の査定額よりも厳しめになってしまうことも存分に考えられるので、事故歴などについては変に隠そうとせずにしっかりと言った方が良いのです。

    車の査定の仕事をする場合に必ずしも必要な国家資格などは存在しないのですが、国家資格の代わりに国が推奨する民間の資格として中古自動車査定士があります。

    中古自動車査定士の資格は日本自動車査定協会によって認定されるものであり、大型車、小型車の二種類存在しています。

    学科試験や技能試験に受かることが必要で、半年以上の実務経験がないと取れませんから、この資格を持っていると言うことは、すなわち一定レベル以上のスキルがあるということを証明してくれるはずです。

    決算期で販売合戦の激しい3月と、ボーナスの影響が出やすい9月というのは車を売る方にとっては非常にありがたい時期です。

    どの中古屋でもこの時機を逃さずもっと売りたいと思うものです。

    在庫が品薄になるので、買取額が多少高かろうと構わないという姿勢になるのがこの頃です。

    今すぐ車を売却しなければいけないというのでなければ、9月というのはまさに売り時です。

    一方で4月は、ボーナスとは別に取引量の多い3月の直後にあたるため、査定は低調ですので避けた方が無難です。

    いつでもどこでもアクセスできるのがインターネットの良さですが、中古車の査定依頼もウェブだったら簡単にできてしまいます。

    いくつかの業者の見積りを短い時間で入手できるので、高値で売却しやすい点が好評です。

    とはいえ短所もないとは言い切れません。

    たとえばウェブだからと夜中に査定を申し込むと、年中無休や深夜早朝に対応した買取業者から夜だというのに連絡先の電話番号に電話がかかってきて家族中が迷惑したという声もあります。

    業者はいち早く連絡をとりたいと思っているのでやむを得ませんが、登録する電話番号は選んだほうが良いでしょう。

    年式を問わず車体の外装のキズ、へこみ、塗装剥がれ(浮き)は、中古車の売却査定の際にしっかり確認されます。

    減点対象となるのは誰が見てもわかるような外観の瑕疵であり、乗っていれば普通につく薄い傷程度なら所有者が心配するほど査定額に響くことはありません。

    時々、査定前に修理すべきかと質問されることがあります。

    しかし修理代のほうが査定額のプラス分を上回り、トクをするケースは極めて少数でしょう。

    数年に一度しか使わない個人と大口顧客である中古車屋相手では修理価格は大幅に違いますから、わざわざ高い支払いをするよりは傷ありで売る方がお得です。

    自動車を売却する際には書類が何点か必要になります。

    でも、車に関連した書類をなくさずにきちんと全部管理していて、かつ結婚などで姓が変わったり引っ越しなどで住所が変わっていなければ、印鑑証明書だけ新しく取得すればOKです。

    車を売るときだけでなくて、印鑑証明は車を購入する際にも必要になってくるので、2枚同時に取ってくると手間が省けて賢いですね。

    また印鑑証明書の有効期限は発行した日から3ヶ月間となります。

    車を売ることを思い立ったらすぐに取りに行くようにすれば、あとから売買の手続きがスムーズに行くことを実感できるでしょう。

    全部が全部という訳ではありませんが、課税対象に車の売却金が含まれるケースがあるのです。

    個人所有の自動車であり、完璧に通勤用となっていれば所得税の対象からは外れます。

    通勤以外でレジャーなどに行くときにも乗っていたのならば、所得税の課税対象となるケースが出てくるので注意しましょう。

    具体的な数字では、車を売ったお金が買ったお金よりも50万円以上高くなったときに所得税を支払います。

    個人事業主の場合で、その車を日常以外で業務使用しているときにはまた異なるルールがあるので、不明瞭な点があったら確定申告を行う際に税務署のスタッフに聞いてみてください。

    既に支払いを済ませた自動車税が月割りで戻ってくる場合があります。

    これはどのような時かというと、一般的な普通自動車を売らずに廃車にすると戻って来ます。

    廃車にするのが軽自動車だったときには、還付金はありません。

    しかし、自動車税を支払ったばかりで残りの期間が相当月ある場合などは、税金分を買取業者が査定アップしてくれる場合があります。

    しかし、査定をするときに税金分の取り扱いについて説明してくれる買取店ばかりあるわけではないのです。

    特に税金分がたくさん残っている場合には、必ず契約前に質問しておきましょう。