トップページ

    このサイトでは平ボディの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「平ボディの買取相場を調べて高額買取してくれる専門店に売りたい。」と考えている場合はこのページで紹介しているオススメの車買取店で調べてみてください。

    トラックの平ボディを高額買取してもらうために大事なことは「複数の車買取店で査定の依頼をする」です。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら明らかに損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるので時間がかかりません。複数の車買取業者からの査定額を比較することができるので、平ボディ(アルミブロック)の買取価格の相場を調べる手間が省けます。
    トラック買取.com

     トラック買取.comは、トラックや平ボディの買取相場を調べられる商業車両の無料査定サイト。
    他社の買取見積書を持っている場合は、その金額よりも高く平ボディを買い取ってもらえます。

    しかも、ネットの買取査定サービスにありがちな「しつこい営業電話」もありません。「断りにくい状況を作りません。」と宣言している買取業者なので、安心して平ボディの無料査定に申し込めます。

    もちろん、全国の出張買取に対応していて利用は無料。離島でも山間部でも完全に無料です。

    即日の現金買取にも対応していますし、台数も金額も無制限です。
    「まとめて平ボディを何台も売りたい」という場合でも、その場で現金支払いをしてもらえます。






    トラック一括査定王

     トラック一括査定王は、1分もかからない簡単入力で平ボディの買取相場が分かる無料の一括査定サイト。
    複数の業者と提携してして、厳選5社に平ボディの買取査定を依頼できます。

    いくつもの車買取業者に査定の依頼を申し込むことで買取金額の違いや相性を比較することができるので、複数業者に査定依頼をして長い距離を走った平ボディを1円でも高く売りましょう。

    「いくつもの買取業者に買取査定をお願いすると断るのが大変で…」という場合でも、業者へのお断り代行サービスをしていますので、安心して利用してみてください。






    トラック王国

     トラック王国は、長年の実績を持つ老舗の中古トラック買取業者。
    中古トラックや平ボディ、重機の現車確認や試乗ができる展示場が全国5ヵ所にあり、中古トラックの販売サービスも行っているので、独自の販売ルートを持っています。

    その為、他社よりも平ボディを高く売れる可能性があります。
    テレビCMやラジオ、雑誌などでも宣伝しているので知名度も抜群で全国への出張査定も無料。

    商業車によくある低年式や過走行車、廃車寸前の状態でも独自の販売ルートがあるため、高額買取が可能です。
    看板消しやレッカー移動も無料ですし、「20万キロ以上走っている平ボディを買い取って欲しい」という場合でも査定依頼ができます。






    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サイト。中古車のことならカーセンサーと言うくらい有名なので安心して使えます。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大で50社に平ボディの買取査定依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むとたくさんの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、全国対応で利用は無料。

    「できるだけ高く売りたいから平ボディの買取相場をチェックしたいけど、営業電話は受けたくない…」と思っているならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちの平ボディの買取相場が知りたい」と思っているならおすすめします。

    申し込み後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちの平ボディでも高く売ることができます。

    約10社の買取業者が平ボディを査定してくれるので、高額査定をしてくれた買取業者に。あなたが大切に乗ってきた平ボディを売却しましょう。






    車買取コラム

    多くの買取業者に査定をお願いする事を通常は相見積もりと呼ぶことが多いです。

    これをいつでも可能にしたのが、ネットで行う無料中古車一括査定サイトなのです。

    それに加えて、相見積もりという言葉の意味には、同日同時刻に多くの査定スタッフに売却希望車を実際に見積もってもらって、皆で一様に査定額を提示してもらうというケースもこれに相当します。

    業者の中には他の業者と同時に査定するのを毛嫌いするところもあるのですが、多くの店舗で相見積もりが可能なはずですよ。

    なるべく高値で中古車を売却したいときには、査定を一店舗で終了させないで複数の買取業者に査定見積もりしてもらうことです。

    ほかの業者が提示した査定額を見せることで車の査定金額が変化する事は珍しくありません。

    いっぺんに複数の業者に査定をお願いするには一括査定サイトの利用が便利で良いのですが、一括査定サイトで飛び抜けて高値を提示する店舗は詐欺かもしれないので十分注意する必要があります。

    Webサイトの中には、車の無料一括査定サイトと言うものが存在し、そのなかには個人名を書かなくても見積もりを出してくれるサイトも存在していると言います。

    査定をお願いしても結果が分からないのでは駄目なので、結果を知る連絡手段だけは記載しなければなりませんが、個人情報はできるだけ開示したくない方は積極的に利用すると良いかもしれません。

    それから、電話なども公開せずに相場が前もって分かるためには、メーカーのサイト上で車種や年式などを入力することで、現時点でのだいたいの価格相場を把握することができるでしょう。

    そうは言っても、本当にだいたいの値しか出ないので、やはり詳細な金額ではないので、あまり参考になるとも思えません。

    個人所有の車を手放すにあたり選択できる手段は、カーディーラーに下取りに出す方法と、中古車屋への売却でしょう。

    売りに出すなら出来るだけ多くの買取店舗から相見積りをとることで契約をめぐって競争せざるを得ない状況を作り、おのずと高額買取りも期待できるでしょう。

    その一方、下取りはというと、一社のみの独占ですので安く見積もられてしまう可能性もあります。

    とはいえ、車を購入するのと同時に古い車も処分できますし、代車の心配も不要です。

    一概にどちらが良いかは言えません。

    消費生活センターには例年、何千件もの中古車関連のさまざまな相談電話がかかってきます。

    そして個人から業者への売却に関する事例は増える一方です。

    よくある例としては、買取一括査定のサイトを利用したら、電話勧誘が鳴り止まない、居座られて契約をせざるを得なかったなどです。

    一人ではつけこまれやすいので、変だと思った時点で、かならず誰かに話を聞いてもらうことをお勧めします。

    車をディーラーで購入して下取り制度を利用するのなら、新車納車と古い車の引き取りは同時に行われるのが普通です。

    けれども、古いほうの車を買取業者に買い取ってもらう場合は、日数があくこともあるわけです。

    通勤通学などで車がなければいられないという場合は、訪問査定等を申し込む際にまず代車が必要である旨を伝えておきます。

    業者によっては台数が限られていたり、もともと用意していないところもあるため念には念を入れて確認しましょう。

    中古車業者に車を買い取ってもらうためによくある一括査定サイトなどに登録すると、やたらと営業電話がかかってきて驚きますし、度が過ぎれば対応しきれないこともあります。

    現実的な対策としては、各社からの連絡先に電話ではなくメールを指定できるサイトで登録することをおすすめします。

    非常識な買取店になると相手の都合も時間帯も完全に無視して営業電話をかけてくるということが実際にあるようです。

    メールでの連絡に限定すれば、不要なストレスを回避できます。

    インターネットで必要情報を入力すると即座に結果が分かる中古車一括査定サイトを活用すると、大体の査定相場が分かります。

    じっさいの見積もりの時に価格交渉を念頭においているのであれば事前に知識を得ておくことはとても大切ですね。

    それとは逆に、売ることは考えていないけれども相場だけ知りたい場合に活用することは勧められません。

    インターネットで一括査定サイトを利用すると、直後から売却を勧める電話が一気にたくさんかかってくるからです。

    実際に売却する予定がなかったのならば、これらは煩わしいだけですね。

    自分が車の所有車になっているということは、使用頻度が極端に少なくても維持費は同様にかかります。

    自動車税は毎年で、二年に一度の車検代、その上自動車保険費用も必要になってきます。

    ましてや、駐車スペースがなければ、パーキング代も余計にかかるのです。

    自動車を売ってしまおうかと考えている人は、これら少額ではない維持費を払ってでも車を持っている必要があるのかどうか存分にあれこれ検討してみると、売却するべきかどうかに白黒つけやすいのではないでしょうか。